ビットコイン分裂問題について初心者でも分かるように解説します。

現在、ビットコインのシステムの方針をめぐる問題が話題になっています。

この原因はズバリ「処理スピードが遅いこと」です。
ビットコインが注目され、多くの人が取引に利用するようになった結果、ビットコインのシステムが追い付かない状況になっているのです。

ビットコインの大きな魅力の一つが送金速度です。
特に海外に送金する人にとっては、素早くそして安く送金できるビットコインは何よりも大きなメリットのある通貨でした。

しかし、その特徴が失われつつあるのです。
今後も更に取引量の増大が見込まれるビットコインですから、何とかする必要があります。

「この問題を解消し、取引量の増大に対応する」という目的は誰もが同じなのですが、様々なやり方が提案されていて、どれにするかでもめているのです。

一部ネット上では「これだから仮想通貨は危ない」とか「ビットコインが消滅する」などという書き込みがありますが、決してそんなことはありません。このようなプロセスも、暗号通貨が世に広まるためには必要なものだと私は考えています。

ビットコインの方針を決める人たち

ビットコインには日銀やFRB、ECBのような通貨の発行主体となる中央銀行がありません。
取引情報をP2Pとブロックチェーンと言う技術を利用して分散して管理する民主主義な通貨です。

ビットコインは「発行主体が無い通貨」ですから、ビットコインに関係する人たちが協議して今後の方針を決めていく必要があります。その関係者は大きく3つに分けられます。

コア開発者

ビットコインはフリーソフトウェアです。
そのソフトウェアを開発しているのがボラティアのコア開発者です。

ビットコインがこれまでやって来れたのも彼らの貢献のおかげであることは言うまでもありません。

取引所

取引所は日本円やドルなどとビットコインを交換して手数料を得ています。
一般的なユーザーにビットコインを広める役目を持っており、ビットコインの価値の向上に一役買っています。

マイナー

ビットコインの大きな特徴は、取引データをブロックチェーンにすることです。
単にデータを取りまとめるだけでは簡単に改ざんできますので、それが出来ないように検証していく必要があるのですが、この検証作業を「マイニング」と呼び、マイニングをする人たちをマイナーと呼びます。

マイナーはマイニングをすることによってビットコインを得ています。
マイニングの多くが土地が安く電気代の安い中国で行われており、マイナーはビットコインの運営に必要不可欠なため、運営に発言権を持つようになっています。

なぜ意見がまとまらないのか?

現在、ビットコインが分裂の危機だ!と言われているのは主にコア開発者とマイナーによる利害関係の違いによって生じています。

マイナーはなぜマイニングをしているかと言うと、マイニングすることによってビットコインが得られるからです。

しかし、コア開発者の推し進めたい「SegWit」というシステムは、マイニングによって得られるビットコインの報酬量が減るために、マイナーからは反対されています。

この問題を解消するための策として「SegWit2X」も出てきました。
これはSegWitと比べてマイナーの報酬量は減らないために、マイナーはSegWit2Xを支持しているのが現状です。

ビットコインは民主的な通貨なのが売りですが、このように運営方針で揉めてしまうと分裂してしまうリスクもある通貨なのです。

これも仮想通貨の一つの姿だと私は思っています。
今後どのような動きがみられるのか、多くの人たちが注目しています。
2017年はビットコインがアツいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA