ビットコイントレードの利益の出し方 ①差益を得る

ビットコインは新しいコンセプトの通貨で、現在では世界的に少しずつではあるものの、サービスや商品の代価の支払いにビットコインが利用できるお店が増えてきています。

しかしながら、ビットコインを購入する人のほとんどが投資や投機目的なのは事実です。

そうです。
ビットコインは儲かる投資や投機の対象として世界的に認識されているのです。

では、どうやって利益を出すのか?
様々な方法がありますが、今回は差益を得る方法をご紹介したいと思います。

ビットコイントレードで差益を得る

差益を得るとは、「安くで買って高くで売る」、「高くで売って安くで買い戻す」という行為を行う事で利益を出すことです。

株式取引やFXトレードと考え方は同じですね。
この差益を取るやり方で非常に有効とされるツールが「チャート」です。

チャートとは、それまでの値動きを示したものに過ぎませんが、細かく見ていく事で、市場参加者の「心理」を読み取ることが出来る本当に利用価値の高いツールです。

チャート分析方法とは?

チャート分析には非常に多くの方法があります。
例を挙げますと、ダウ理論、エリオット波動理論、グランビルの法則、フィボナッチ…などなど。

基本的にはどの分析方法においても、「過去の値動きパターンを繰り返す」という事が前提にはなってます。人間の歴史と同じで、価格レートの動きも過去の値動きを参照して予測していくのですね。

チャート分析には本当に多くの考え方がありますので、人によって全く同じ解釈にならないこともよくあります。
そのため、自分自身の考え方を身に着けるためにも、多くの時間をチャート分析に割く必要があるのですが、一度自分のやり方を確立してしまうと、比較的楽にトレードできるのがチャート分析の良さです。

更に、チャート表記できるのはビットコインや通貨にとどまらず、株式、先物等の取引にも使えますので、正に「潰しの効く」相場分析方法と言っても良いでしょう。

MT4は使いやすい

どのビットコイン業者も取引ツールとしてチャートを提供してくれているのですが、その中でも特に使いやすいチャートが「ビットポイント」の提供するMT4です。

MT4とはMeta Trader4の略でFXトレーダーにとってはおなじみのチャートソフトです。
MT4はチャートソフトとしては世界シェア1位なのですが、その一番の理由は「様々なチャート分析方法が出来る」と言う点にあります。

MT4にはチャートの拡張機能がついており、自作したインジケーターを表示させるだけではなく、自動売買も可能にさせてくれる神がかった機能を持っています。

チャート分析の幅が広がるという事は、それだけ利益の幅も広がる…と言えなくもありません。

チャートはトレーダーにとって大切な大切な仕事道具です。
個人的には、使い勝手が良くて発展性の高いMT4をオススメしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA