ビットコインが分裂!新たに生まれたビットコインキャッシュ(BCC)とは?

7月上旬よりビットコインの分裂問題が話題になり、7月後半には一応分裂は回避された・・・と言われていたビットコインですが、結果的には8月2日未明に分裂。

中国の事業者が中心となって新通貨であるビットコインキャッシュ(BBC)が誕生しました。

BCCは当初2万円の価格でしたが、現在は6万円あたりと約3倍の価格になっています。
一方でビットコインの方は、8月1日の夜には32万円を突破しましたが、分裂に際してレートは下がったものの、現在は30万円台をキープしています。

ビットコインが分裂したのにも関わらず、そこまでレートは下がっていません。
むしろ分裂問題で騒がれた時の方が暴落しています。

実際、今回の分裂は予想外に穏やかに終わったと考える人が多いようです。

ビットコインキャッシュが誕生し、新たな価値が産まれた

国内のビットコイン取引所では、ビットコイン保有者に保有量に応じてビットコインキャッシュを無償で付与することになっています。

理屈としては、1つのビットコインが分かれたわけですから、元々のビットコインとビットコインキャッシュの価値を合わせたら元のビットコインの価値になる・・・わけです。

しかし、実際問題としてビットコイン自体は分裂前と比較して価値は大きく下がってはいませんし、新たなビットコインキャッシュも出だしは悪かったものの、6万円の値がついています。

通常なら株式であれば分割後は元の価格から大きく変わることはありません。
しかし今回のビットコイン分裂ではビットコインの信用を損なうことなく、更にはビットコインキャッシュの価値が新たにプラスされたことになるのです。

ビットコインと名がつけば何でも価値がつくのか?
と思わざるを得ない状況です。
正にバブルですね。

今回のビットコイン分裂は、仮想通貨の分裂における良いモデルケースになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA