ビットコインのレートが45万円を突破!年内に100万円は射程圏内?

8月2日未明にビットコインが、ビットコインとビットコインキャッシュに分裂しました。

分裂前は、「もうビットコインは終わった」「価格は暴落する」と言った意見も見られたのですが、驚いたことに分裂後は目立った暴落は無く、そのままレートを上げ続け、8月12日には40万円を突破、そして翌日8月13日には45万円を突破してしまいました。

正にビットコインバブルです。
昨年(2016年)の8月の時点では約6万円だったビットコインのレートでしたが、2017年の3月には約15万円、5月には35万円と価格を一気に上げてきて、8月には45万円。

この流れで行けば、2017年内に100万円を突破してもおかしくない状況だと思えます。

分裂後にビットコインのレートが大きく上昇した要因

1.ビットコインキャッシュからビットコインへの換金

ビットコインキャッシュ誕生後、ビットコインキャッシュの価格は大きく値を上げて一時は7万円をも上回ったのですが、ある意味「上場ゴール」な動きとなり、その後は売られていきました。

売られたビットコインキャッシュの一部は、ビットコインの方に換金されたため、ビットコインの需要が更に伸びてレートが上がりました。

しかし、ビットコインキャッシュの発行総額はビットコイン、イーサリアム、リップルに続く仮想通貨第4位を誇っており、その存在感は依然高い状態にあります。

SegWit決定

8月9日深夜4時ごろにビットコインでSegwitがロックインされました。
Segwitは、ブロックチェーンのブロックに入るデーター量を増やすことが可能となります。
アクティベートは8月21日か22日ごろと言われており、Segwitがアクティベートされれば、従来の1MBのブロックよりも多くの取引記録を格納できるようになり、性能が圧倒的に向上します。

Segwitについてはマイナーたちの反対もあってなかなか進みませんでしたが、ようやく・・・と言う状況です。

ビットコインバブルはいつまで続くのか?

現在は正にビットコインバブル真っ最中です。
これに加えて、北朝鮮の核開発及びミサイル発射のリスクを受けて、世界的にリスクオフのムードになっており、回避先として円やスイスフランなどの有事の時に買われやすい通貨や国際問題に関与しにくい仮想通貨が買われやすい状況になっています。

ニュースでもビットコインを始めとした仮想通貨が注目を浴びていますので、今後も新規参入してくる人が多く出てくると思われます。
ですから、今後も波を描きながらも上昇を続けそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA