ビットコインと一般的な通貨の違いは?

ビットコインは「仮想通貨」や「暗号通貨」と呼ばれています。

「通貨」と言えば日本円やドルやユーロなどの我々が実生活で利用しているお金をイメージしますが、ビットコインはこれらの通貨とどう違うのでしょうか?

以下に簡単にまとめてみました。

ビットコインには通貨や紙幣は存在しない

ビットコインはコンピューター上の電子データ(暗号)として存在しますので、硬貨や紙幣としては存在しません。

では一体どうやって使うのかと言うと、スマホやパソコンにビットコインの「ウォレット(財布)」になるアプリをインストールして、そこにビットコインを入れて商品やサービスを購入したりすることが出来ます。

これは「クレジットカード決済」と少し似ているのですが、カード決済と比べると圧倒的に手数料が安いのがビットコインの特徴です。

通常の場合、カード決済を取り入れるお店はカード会社に数%の手数料を支払う必要があります。
しかしビットコインでやり取りをすれば1%未満の手数料で済むため、先進的なお店では徐々にビットコイン決済を取り入れています。

ビットコインは銀行に預けられない

自分のビットコインは取引所やウォレット内に置いておくことが可能ですが、現時点では銀行に預けることはできません。

銀行は基本的に預金者のお金を他者に貸し出すことで「信用創造」を行なえる特権を持っています。
しかし、発行量が決まっているビットコインではこのようなことはできませんし、現時点では銀行はビットコインを取り扱っていません。

取引所の一部ではビットコインを貸し付けて利息が得られるサービスを行っているところもあります。

ビットコインには発行主体が無い

ドル、円、ユーロ、ポンドなどの世界各国の通貨は、その国の中央銀行が「発行主体」となって発行しています。

ドルはFRB、円は日銀、ユーロはECB、ポンドはBOEですね。
これらの中央銀行が国内の景気等を考えて金融政策を行い、通貨の量や流れをコントロールすることが出来ます

しかしビットコインには「発行主体」と呼ばれる団体や機関は無く、マイニングを行う人への報酬として10分おきにプログラムが自動的に発行していきます。
つまり、ビットコインは誰からの支配も受けずに勝手に総量が増えているのです。

しかし、無限に増殖し続けるわけではありません。
ビットコインには発行量の上限があり、その数は2100枚です。
そのすべてが発行しつくされるのが2140年。

まだまだ先の話に思えるかもしれませんが、2017年の時点で既に75%ほどが採掘されているようなので、もうほとんどのビットコインが出回っていることになります。

また、ビットコインはデジタルなデータながらも採掘されることで量が増え、そして上限がある事から金(ゴールド)にも似た特徴を持っています。

ビットコインの管理は誰がおこなっている?

普通の通貨の管理は、発行主体である中央銀行が行います。

では、ビットコインは誰が管理しているのでしょうか?
その秘密がブロックチェーンという技術にあります。

ビットコインでは管理者がいない代わりに、通貨の発行や取引の詳細のすべてがp2pとブロックチェーンの技術によって、インターネット上の参加者が相互に承認して監視できる仕組みなっています。

このおかげで通貨の偽造や不正を防ぐことが出来るのです。

しっかりとした管理体制、発行上限等が信用につながる

通貨は「価値がある」と人が信じることによって価値が出てきます。
ドルや円などの国が発行する通貨は、その国が価値を保証することでみんなが信じて価値を出します。

例えば、日本円が世界で有数の価値のある通貨なのは、日本銀行が発行し、日本と言う国で商品やサービス、更には企業の価値である株式を購入して保有することが出来るからです。

ではビットコインはどうでしょうか?
ビットコインは発行主体はありませんが、参加者全員が監視し、不正を取り締まることのできる民主的な通貨です。
また、発行上限があるために、希少性も出てきます。

これらの特徴は国の発行する通貨には無い斬新なものになりますが、それこそがビットコインを始めとした暗号通貨の魅力の一つとして価値が認められているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA