ビットコインは電子マネーやポイントとどう違うの?

前回はビットコインとお金の違いについて考えました。

ビットコインと一般的な通貨の違いは?

では今回はビットコインとポイントの違いについて論じていきたいと思います。

ビットコインとポイントに共通するのは「データ上の取引になる」という事です。
パッと見ではとても似ているように思えますが、やはり大きな違いはあります。

今回は、ポイントを2種類に分類します。

・ナナコやパスモのように現金をチャージする電子マネータイプ。
・楽天ポイントやマイレージ等の商品やサービスを購入する時に付与されるポイントタイプ。

電子マネーとビットコインの違いについて

ナナコやパスモのような電子マネーは、あらかじめ現金をチャージしておくことで、お店等でその金額分のモノが買えたりサービスを受けることが出来ます。

ビットコインもあらかじめ取引所で購入してスマホのアプリであるウォレットに入れておけば、ビットコインに対応しているお店であればモノの購入やサービスを受けることが出来ます。

しかし、大きく違うのは電子マネーに入っているお金が日本円にペッグしていることです。
日本円で1000円チャージした電子マネーは1000円分の価値です。つまり、円と言う枠組みからは出ていないのです。

しかし、ビットコインの場合、ビットコインと円の価格レートが常に違うために、1ビットコインを持っていたとしてもその時々によって円の価値は異なってきます。

また、電子マネーは基本的に他人に譲渡することはできませんし、使えるお店も限られています。
払い戻しも出来ませんし、日本で発行された電子マネーは日本でのみ使用可能です。

しかしビットコインはネット回線さえあれば世界中どこにでも送金できます。
ビットコインに対応していれば、世界中どこでも利用できますし、円でもドルでもユーロでも好きな時に換金できます。

ポイントとビットコインの違いについて

ポイントカードを沢山持っている人は多いと思います。
Tポイント、マイレージカードなど、多くの企業が独自のポイント発行して顧客の囲い込み利用しています。

まず、ポイントカードの特徴を挙げて見ますと

・買い物をすると貰える
・そのお店で次の商品やサービスを購入する時に使える
・そのお店もしくは提携先以外では利用できない
・他人に譲渡できない
・換金できない

等が挙げられます。
一部は電子マネーと被っていますね。

ポイントの一番の特徴は「何かを買った時にもらえる」という事でしょう。
つまり、次回購入時の値引き的な扱いになるのです。

ビットコインは当然「お金」の扱いになりますので、
ポイントとは全く違う使われ方をしますね。

電子マネーやポイントとビットコインは似て非なるモノ

以上、電子マネーやポイントとビットコインを比較してみました。

全部目には見えない「実体のないデジタルデータ」ではありますが、その仕組みや考え方、発行体は全く違いものなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA