ビットコインなどの仮想通貨に関わる法律や税制について解説します。

ビットコインを始めとする仮想通貨は、それまでになかった全く新しい概念です。

企業の発行するポイントや電子マネーとも違う性質を持ちながらも、しっかりとした「価値、資産」として世間に認められるにつれて、法整備が必要になるのは言うまでもありません。

この仮想通貨への対応は国によって様々ですが、日本では2016年5月に国会でビットコインを始めとした仮想通貨のあり方を決めた「仮想通貨法」が可決され、2017年4月1日に施工されました。

この一番の目的は「利用者保護」です。
マネーロンダリングや詐欺、取引所の悪用を防止して、ビットコインの利用者が安全に取引できるようにすることを主眼に置いています。

今回の記事では、仮想通貨における日本の法整備の現状についてまとめました。
(2017年9月現在です)

仮想通貨の定義

現在、仮想通貨は以下のように定められています。

資金決済に関する法律 第二条 5

この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移することができるもの

簡単に言いますと、商品やサービスの対価として仮想通貨を使用することができるという事になります。
更に、仮想通貨はドル、円、ユーロなどの法定通貨と両替できることも認められています。

しかし、仮想通貨自体は「通貨」としては認められていません。
代わりに「資産」という扱いになります。

仮想通貨交換業者

仮想通貨交換業者(取引所)は内閣府へ登録することが義務付けられました。
これによって、よくわからない業者や不正目的の業者は簡単に取引所を開けなくなります。

また、マウントゴックス事件のようなことを繰り返さないようにするために、金融庁は取引所への検査権限、業務改善命令、登録抹消などの処分権限を持つことが規定されました。

更に非常に重要なこととして、顧客資産の分別管理も義務付けられました。
これは、顧客から預かった資金を取引業者の運転資金として使う事は認められず、別の場所(信託銀行等)に保管しておかなくてはいけないことを意味します。つまり、万が一取引所が破綻しても顧客資金は守られることになります。

税金関係

消費税

ビットコイン等の仮想通貨は2017年6月までは消費税が8%かかっていました。
しかし、7月より消費税が非課税となりました。

これにより事実上仮想通貨は「安く買える」ことになりましたので、さらなる活性化が見込めるのではないかと思います。

所得税

ビットコインを取引してその差額から利益を得た場合、個人における所得区分は色々と言われてきましたが、国税庁のタックスアンサーにて「雑所得に区分される」と明言されました。

これは株式取引、先物取引、FX取引のような申告分離課税とは異なるため、ビットコイン取引で多く稼げば稼ぐほど累進課税によって税率は高くなりますので注意が必要です。

FXの相対取引も2011年までは雑所得扱いでしたので、今後は仮想通貨の取引にも申告分離課税になる可能性はあるかと思います。

注意しておきたいのは、ビットコインを保有しているうちは所得税はかからないという事です。あくまでも円に換金した時に利益が出た年に所得税がかかってきますので、ビットコインを単に持っているだけでは課税されないことは覚えておいていいでしょう。

マイナンバーの必要性

株式取引やFX取引の場合では口座開設の際にマイナンバーの提出を求められますが、2017年9月現在では、仮想通貨取引をするのにマイナンバーの提出は求められません。

いずれかはマイナンバーの提出を求められる可能性も出てくると思われますが、現時点において仮想通貨は、マイナンバー登録せずに海外送金を行う事が出来る数少ない手段として非常に有効であることは間違いありません。

(2016年より銀行にマイナンバーを登録しないと海外送金できなくなっています)

まとめ

以上、仮想通貨の法律的な解釈について解説しました。

仮想通貨はまだまだ発展段階で、法律もそのスピードに追い付けていないのが現状です。
2017年になってようやく少しは法整備が整ってきた段階です。

今後も定期的な法律の変更はあると予測されますので、その時はまたご紹介していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA