ビットコインが一時的に56万円を突破!これからどうなる?

 

9月2日に一時的ではありますが、ビットコインの価格が56万円を超えました。

50万円を突破したのが8月の30日でしたから、トントン拍子の上げ相場でした。
もはやビットコインを始めとした仮想通貨バブルは2000年代初頭のアメリカのITバブルを超えたと言われており、「どこまで続くのか?」が話題になっています。

では、なぜビットコインが上げているのかと言いますと、「バブルだから」説明するのが一番しっくりするかと思います。

ビットコインは世界中で取引されていますが、世界で一番取引高が多いのは日本と言われています。(以前は中国が一番の取引高を誇っていましたが、中国の規制強化で2017年からは取引高が下がっています)

その日本を取り巻く現状を考えると、北朝鮮問題等の地政学的リスクから「安全資産」として仮想通貨を購入する日本人が増えていることも否定できませんが、それよりも「みんな買っているから、人気があるから、価格が上がっているから」と言う理由で購入している人も少なくない事でしょう。

このような「みんな買っているから、人気があるから、価格が上がっているから」の理由で購入する人が増えている状況こそバブルなのです。

バブルはいつ終わる?

バブル相場はいつかは終わります。

みんなが「買いたい、買いたい」と思ううちはまだ大丈夫なのですが、みんなが買ってしまって欲しい人がいなくなった時、人々が冷静になってしまった時にバブルは一気にはじけ飛んでしまいます。

そのバブル、いつ終わるかは分かりませんが、一つの節目として考えられるのが2017年11月に起こるであろうビットコインの分裂です。

今回はブロックサイズを2MBに引き上げるSegwit2xを採用するかどうかの問題で、8月におきたビットコインからビットコインキャッシュが生まれたように、ちょっとした波乱も生じるのではないかと思います。

もしかすると「9月2日の高値である56万円を更新することは当分は無いかな?」とも考えています。

ただし、ビットコインの7月、8月の相場のように分裂してもレートは大して下がらず、そこから一気に上昇したという過去がありますから、今後どうなるかは分かりません。

今までも何度も何度も「暴落説」が上がってきましたが、それを跳ね除けてきた結果、現在のビットコインのレートがあるわけですから・・・。

ビットコインが暴落したら、他の仮想通貨も暴落する?

これはあくまでシミュレーションに過ぎませんが、ビットコインバブルがはじけた場合、他の仮想通貨も暴落する可能性は高いと思います。

暴落する理由はともあれ、これまで仮想通貨の代名詞と言われてきたビットコインのバブルがはじければ、「仮想通貨自体」のイメージも悪くなりますし、一度手仕舞う事を考える投資家は多いでしょうから。

しかしその一方で、暴落を狙って買いを入れたいと思う人たちも大勢います。
その人たちが動き出して、反発の動きが見られた時こそ、本当の「買い時」だと私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA