バンドワゴンの寓話を忘れるな!

9月の14日にビットコインが大暴落して、一時的には約30万円程になりました。

現在はある程度戻してきてはいますが、あの時の暴落は凄まじいものがありました。

私は長いこと外国為替市場や株式市場を見ていますが、暴落するチャートはいつみても「怖い」と感じるものです。

さて、先日のビットコインの暴落で改めて思い出した寓話があります。
今回の記事ではそれについてご紹介したいと思います。

バンドワゴンの寓話

この寓話は、トレード初心者の必読書とも呼ばれる「デイトレード」と言う本の中で書かれている非常に含蓄のあるお話です。

投資商品に関係なく普遍的な相場の「事実」について書かれています。
ぜひご覧ください。

バンドワゴン(楽隊車)が賑やかに進んで行く様子を思い浮かべてほしい。

耳に心地よい音楽がバンドワゴンのスピーカーから流れてきてはいるが、バンドワゴンの後ろについて思う存分楽しんで盛り上がっているのはごく少数の人々である。

音楽は大きな音で鮮明に鳴り響き、沿道にいる傍観者たちを次第に引きつけて行く。

こうした傍観者たちは甘い音楽に抗することができず、盛り上がっているように見えるパーティーに飛び込んで行く。

 

傍観者たちが次々とバンドワゴンの後ろのに参加していく中で、当初パーティーの始まりを楽しんでいた人々は離れて行く。

後からパーティーに参加してくる人々が増えてくるに従って、バンドワゴンは同じペースで前に進む事が困難になってくる。

バンドワゴンの進行速度は徐々に遅くなり、陽気な騒ぎを見物していた傍観者のさらなる参加を可能にする。

群衆はさらに大きくなる。

酔っ払った群衆に囲まれてバンドワゴンが前に進めなくなるまで群衆は拡大を続ける。

やがてバンドワゴンは完全に停止する。

バンドワゴンが全く動かなくなると、さらに群衆が膨らんでいく。

それも当然である。

この時点でパーティーに参加する事は極めて容易である。

パーティーに加わろうとする人々はもはやバンドワゴンに飛び乗る必要もなく、何の苦労も要しない。

 

しかしバンドワゴンの本分は前に進むことである。

停止しているバンドワゴンは不自然なものであり、したがって、その状態は長続きするものではない。

バンドワゴンは前に進もうとするが、進むことができない。

バンドワゴンの後ろに群がる群衆の数があまりにも多すぎる。

バンドワゴンは何とかこの重荷を振り払わなければならない。

そう、バンドワゴンはバックし、数人をなぎ倒すのである。

音楽が鳴り止む。群衆の中に困惑した顔が見える。

何が起こっているのかがわからぬうちに、再びバンドワゴンは先ほどよりも乱暴にバックする。

さらに多くの人々が放り出される。

そして、現実が目の当たりになる。

 

突如として饗宴は悪夢に変わり、パニックが生じる。

ある者はバンドワゴンから飛び降りて死んでしまう。

さらにバンドワゴンがバックすると、酔っ払って足許のおぼつかない人々が地面に投げつけられる。

この時点で、わずかな、熱狂的なバンドワゴンのファンのみがつかまっている。

彼らの命は非常に細い糸にかかっている。

完全に自由になることができないままバンドワゴンはアクセルを全開にする。

この最後のバックはあまりにも荒々しく、最後までバンドワゴンにしがみついていた人々は振り落とされ、地面に叩きつけられ重症を負ってしまう。

この時点で、新たな傍観者の一群がどこからともなく現れる。

彼らは酔っ払っておらず、平静である。

彼らの一挙手一投足は、今しがたの惨劇に関わっていなかったためか、力強く、はっきりとしたものである。

彼らは誰なのか。

その新しく見える一群は決して新しい顔ぶれなのではなかった。

その一群はパーティーが荒れ狂う前に静かにその場を離れていった人々だったのである。

倒れている傍観者たちは、さたに衝撃的な事実を知る。彼らはパーティーの最初の頃に参加していただけでなく、パーティーを始めた人々であったのである。

「何ということだ」と誰かが叫ぶ。

振り落とされ、自由に動くこともままならない人々は、ゲームの達人が再び仕事にとりかかるのをただ眺めるばかりである。

 

これらのプロの一群はバンドワゴンに向かって駆け出していく。

一瞬のうちに彼らはバンドワゴンに飛び乗る。

あまりにも簡単なことである。群衆を振り払ったバンドワゴンは、自由に優雅に心地よく前進することができる。

その速度は徐々に加速し、すぐにスムーズなペースを取り戻すのである。

誰にも邪魔されずに数マイルを走ると、これらの達人の中の誰かがスイッチを入れる。

すると、再び楽しげな音楽が大音量で流れ出すのである。

誰かが「さあ、やるぞ。また奴らがやって来るぞ。もう一回やってやろう」と叫ぶ。

間もなく、先ほどの惨劇の被害者たちが再び興味を持ち始める。

音楽は墓場へと彼らを招いているようでもある。そして終わりのない循環が再び始まるのである。

いかがだったでしょうか?
バンドワゴンとは正に「相場の値動き」に他なりません。

大きく動く相場が多くの人の目に止まり、誰もが「買え!」と言う雰囲気になった時、相場は狂気と化します。

そして気づいた時には、暴走車の如く市場参加者をなぎ倒しながらバックして行くのです。

この狂気は古くはオランダのチューリップバブル、イギリスの南海会社、最近で言えば日本の高度経済成長後のバブル、アメリカのドットコムバブル・・・と人間の歴史と深いつながりがりがあります。

相場を動かすのは人間です。
人間が相場を動かすからこそバブル相場が生じるのでしょう。

今回ご紹介したバンドワゴンの寓話をしっかりと頭に入れておくだけで、他の欲にまみれた人よりも一歩先に行動が出来るようになることでしょう。
つまり、ババを引かずに済むのです。

本当に価値のあるお話のご紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA