駆け込み登録!仮想通貨交換業の登録業者が現在のところ11社

先日、金融庁に仮想通貨交換業の登録をした業者がゼロであることを記事にしました。

仮想通貨交換業の登録をした業者がまだゼロな件について

2017.09.18

10月より仮想通貨交換業者でないと仮想通貨を取り扱う事が出来なくなりましたが、8月末の時点では登録業者はゼロだったのです。

しかし、9月29日に私が口座を持っている取引所より次々と「登録が完了しました」とのメールを頂きました。そして改めて金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」を見ると、11社登録されていることが分かりました。

業者名を再度まとめておきます。(登録順)

  • 株式会社マネーパートナーズ
  • QUOINE株式会
  • 株式会社bitFlyer
  • ビットバンク株式会
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • ビットトレード株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ株式会社

有名どころの取引所は登録されていますね。
面白いのが申し合わせたかのように9月29日と言う点でしょう。
4月から半年の猶予があったのにどの業者もギリギリで登録したのは何か理由があるのでしょうか?

また、マネーパートナーズやSBIのようなFXや証券取引業者も登録していることも見逃せません。これらの業者はまだサービスを展開していませんが、今後参入する意思があると考えても良いと思います。

FX業者からすれば、仮想通貨交換業者登録はそこまで高いハードルではありません。
自社のプラットフォームを仮想通貨用に応用すれば、ユーザーにとっても使いやすいチャートシステムが利用できるようになりますし、全体的にもサービス向上につながると思われますので、個人的には大歓迎です。

他のFX業者も現在は様子見中で、これから参入してくるところは出てくると思われます。

とりあえずは一安心ですね。
最近は中国での規制を始めとして仮想通貨に対してネガティブな対応が多いですが、これからまた人気が高まってほしいものです。