ビットコインが再びハードフォーク!結果的に4種類のビットコインになるのか?

2017年8月1日に、ビットコインはビットコインとビットコインキャッシュに分裂しました。

分裂した理由は、「スケーラビリティ問題」。
ビットコインは取引をまとめるマイニングに約10分の時間がかかるように設計されていますが、ビットコイン価格の急騰に伴う取引量の増大によって、取引処理の遅れが問題化してきました。これこそがスケーラビリティ問題です。

この問題を解決するために、segwit(取引データを圧縮する方法)を採用するかどうかでマイナーの間で大きく揉めた結果、segwitを採用したビットコインとsegwitを採用しないビットコインキャッシュの二つが生まれました。

segwitを採用したビットコインは、その後ブロックサイズを2倍にして、更に処理を早く出来るようにすることも予定されています。それがSegwit2Xと呼ばれるもので、アップデートは11月に予定されているのですが、実は現在、ブロックサイズを2倍にするかどうかかで議論が分かれているのです。

現時点ではSegwit2Xについて意見が分けれています。
つまり、このまま意見が分かれたままであれば、11月に再びビットコインが分裂する可能性もあるわけです。

もしビットコインが再分裂した場合は以下のラインナップになります。

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・ビットコインSegwit2(B2X)

しかし、それだけでは済まないかも・・・

上記のハードフォークに加えて、10月25日に新たに「ビットコインゴールド」がハードフォークする話が出てきました。

ビットコインゴールドは、香港のマイニング企業であるLightningASICのCEO、ジャック氏が指揮するもので、ASIC耐性という特徴を持っています。

ASICとはビットコインのマイニングのためだけに用いられる専用のチップのことです。
現在はASICが無ければマイニングで報酬が得られないほどになっているのですが、ビットコインゴールドはASICが使えないようにすることで、現状の寡占化したマイナーを避け、誰でもマイニングに参加できるようにしています。

理想としては悪くありませんが、実際に10月25日にハードフォークしたとして、どれだけ支持を集められるかは分かりません。

(元々はICOする予定だったそうですが、ハードフォークした方がお金が集まりそうなのでハードフォークするに至ったようです)

10月後半から11月にかけてヤバいことになりそう

2017年は仮想通貨の年です。
その中でもパイオニアでありブームの立役者であるビットコインですが、まさか4つに分裂する可能性があるとは・・・。

再度まとめておきますと、ビットコインは以下の4つに分裂する可能性があります。

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・ビットコインゴールド
・ビットコインSegwit2X(B2X)

それぞれの特徴は以下の通りです。

https://news.bitcoin.com/another-bitcoin-fork-bitcoin-gold-project-plans-to-fork-bitcoin-next-month/

8月のハードフォークでは、ビットコインの価格は全くと言っていい程下落せず、むしろそれから急上昇して今年の高値を更新しました。

しかしその流れで今回も上昇するかも・・・と思うのは早計です。
「ビットコイン」の名前をもつ仮想通貨が4つにもなれば、ビットコインの価値が薄まると考える方が妥当でしょう。ビットコイン取引関係者が混乱するのも当然ですし、中には現在のバブルの狂気に気づいて購入を避ける人も出てくるかもしれません。

「ビットコインのバーゲンセールだな」

と言う状況にならなければいいのですが・・・。