ビットコインの使い道とは?

以前の記事で、ビットコインは一般的な通貨とは違う一面を持ち、更には電子マネーやポイントとも異なることを解説しました。

ビットコインと一般的な通貨の違いは?

ビットコインは電子マネーやポイントとどう違うの?

今までのお金の概念を覆すような存在出るビットコインを始めとした暗号通貨。
では、それらの使い道にはどのようなものがあるのでしょうか?

代金の支払いに利用する

ビットコインは全く新しい概念の通貨です。
そのためまだまだ利用できるところは少ないですが、実店舗やネットショッピングの一部でビットコインでの支払いに対応しているところが少しずつ出てきています。

お店でのビットコインの支払方法はとても簡単で、スマホのウォレットアプリから送金するだけです。

ビットコインの支払いは便利ですし、お店側としてはクレジットカードで支払われるよりもメリットが大きいので、今後はビットコインや暗号通貨の発達とともにビットコイン決済を導入するところが増えてくると思われます。

なぜなら、クレジットカード決済の場合は代金の約3~5%程度をカード会社に支払わないといけない上に、売上金そのものも後になって入金されるからです。

ビットコインで代金を決済する場合は代金の1%程度ですし、さらにはすぐに代金がお店のウォレットに入金されます。カードの場合は代金が入金されるまでに1、2ヶ月の時間がかかりますから、資金繰り的にもお店側にとってはメリットが大きいのです。

お店側としてはこれほど便利なものはないのです。

送金に利用する

前述しましたが、ビットコインのメリットは送金する際の手数料が非常に安いことです。

その理由は銀行を仲介せずに送金できるから。

しかもビットコインはどこの国の中央銀行の支配もうけない、本当の意味で国際的な通貨ですから、ネット環境さえあれば世界中どこにいても非常に安い手数料で他者に送金することが可能です。

例えば日本に住んでいる両親が海外留学をする子供に仕送りをする場合、送金手数料や為替手数料で結構な割合を取られるものですが、ビットコインなら本当に簡単に送金できます。

ビットコインを受け取ったら、その国の通貨と両替すればいいわけですが、この手数料も非常にやすいですから、ビットコインを介した海外送金は非常に優れていると言えます。

投資・投機の対象として

多くの場合、ビットコインを購入する動機はこれになるかと思います。

現在、ビットコインを始めとした暗号通貨は一種のブームです。
特に中国のように外国への出金規制が厳しい通貨を利用する国の人たちには、何の規制もないビットコインは魅力的に見えますし、自国の通貨よりも信用できるように思えるようです。

そのおかげで、中国の富裕層がビットコインを沢山購入しているために、ビットコインは急騰中です。

また、ビットコインのボラティリティ(変動率)は非常に高いため、一発儲けたいと思う人も引き寄せます。

そのおかげでビットコインは新たな投資・投機の対象として人気を博しているのです。

現在ではビットコインでの証拠金取引も始まっており、今後は更に投機熱が過熱していく事でしょう。

まとめ

以上、ビットコインの使用用途でした。
まとめますと、ビットコインの用途は大きく以下の3つになります。

  • 代金の支払い
  • 送金
  • 投資・投機

これらは全て通貨でも行える事です。
しかし、中には通貨よりも効率よく出来ることもあり、これがビットコインの需要を高めている要因だと考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA