ビットコインの入手方法と換金方法について

ビットコインは現物としては存在しなませんがデータとしては確かに存在します。

ではそんなビットコインをどうやって手にいれればいいのでしょうか?
今回はビットコインの入手方法をまとめました。

ビットコインの入手方法

1.ビットコインの取引所で購入する
2.ビットコインのATMで購入する宇
3.マイニングする
4.ビットコインを持っている人からもらう
5.商品やサービスの代価として受け取る
6.ゲームや懸賞等で受け取る

以下より詳しく解説していきます。

1.ビットコインの取引所で購入する

ビットコインの入手方法として一番メジャーなのが取引所で購入する方法です。

現在の日本には、数多くのビットコインを始めとした仮想通貨取引所があります。
ここに口座を開いて入金すれば、365日24時間いつでもビットコインの取引をすることが出来ます。

取引所の裁定取引金額は基本的に0.001BTC。
1BTCが30万円だとすれば1000円もあれば十分トレードすることも可能です。

 

ビットコインATMで購入

日本では東京などの大都市にしか存在しませんが、その名前の通りATM感覚でビットコインを購入することが出来ます。

購入方法としては、現金を入れて自分のウォレットのアドレスを読み込ませるだけ。
非常に簡単ですが5~8%の高額な手数料を取るので、普通は取引所で購入する方が安く仕入れられます。

 

3.マイニングする

ビットコインは、通貨を管理する中央銀行の役割を持つシステムはありません。

そのため、ビットコインの送受信を記録し続けるために多くの人たちがコンピューターを利用して計算しなくてはいけません。この計算をマイニングと呼び、マイニングをすると報酬としてビットコインを受け取ることが出来るのです。

しかしこのマイニングをするためには非常に高性能のパソコンを何台も設置して計算させないといけませんので、素人には難しい作業と言えるでしょう。
更に、パソコンの費用以外にも土地代、空調やパソコン自体の電気代、メンテナンス費用を含めるとかなりの経費が必要となるため、現在の日本では割に合わないようです。

今現在でマイニングが多くされているのが中国。
中国の安い土地と安い電気代でビットコインは発掘されているのです。

 

4.ビットコインを持っている人からもらう

ビットコインを送る側と受け取る側の双方がウォレットを持っていれば、ビットコインの受け渡しは非常に簡単です。

友人等に貸したお金をビットコインで支払ってもらう、なんてことも可能ですね。

 

5.商品やサービスの代価として受け取る

あなたが何らかの商売をしている場合、代金を日本円ではなくビットコインで受け取る事も可能です。

もちろんその後は必要に応じて受け取ったビットコインを日本円に両替する必要は出てくるかとは思いますが、クレジットカードよりは効率が良いはずです。

なぜならクレジットカードは売り上げの3~5%を手数料として引かれますし、売上金が入ってくるまでに時間がかかるからです。
ビットコイン取引にすれば、手数料は1%程度で済みますし、売上金もすぐに入ってきます。

また、現在はビットコインを代金として受け取る店はまだ少ないですから、ビットコインを取り扱うだけで宣伝効果にもなるのです。

 

6.ポイントサイトや懸賞等で受け取る

一部のポイントサイトでは、ゲームやセルフアフィリエイトの報酬としてビットコインを受け取ることが出来ます。

他にも、ネットをくまなく見ていくと、何らかの懸賞賞金としてビットコインが受け取れることがあります。

 

色々なやり方でビットコインをゲットしよう!

ビットコインの入手方法と言えば取引所での購入が一番メジャーですが、それ以外にも実は色々とあるものですね。

今後ビットコインの流通量が増えるにつれて、入手経路も増えてくると思います。

普及するのが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA